ヒールの革が破れたり、めくれたり時の修理

婦人靴で困った事の上位にくるヒールの革破れの修理をご紹介致します。

女性の靴でヒールが革で巻かれているタイプはどこかにぶつけてしまったり、道路の溝にはまってしまった時に巻いてある革が破れたりめくれたりする時があります。

まだ数回しか履いていない時に破れてしまうとしまうとかなりショックですよね。

ヒールの革が破れたままですとせっかく買った靴も履かなくなってしまいがちになります。

なにか良い方法はないものでしょうか?

ヒールの革が破れたまま靴を履く事のデメリット

ヒールの革は自分でも気がつかないうちに破れている事があります。

ヒールの革が破れたりした時はすぐに修理すればそれ以上革が破れてきたりせずに済むのですが、何もせずにそのまま履き続けますと破れが大きくなったりしてダメージが広がってしまう事もあります。

ヒールの革が破れたままで雨の日にその靴を履いた場合、破れた部分が雨に濡れてヒールに接着されていた革が剥がれやすくなり、破れや剥がれの部分が大きくなってしまう事を引き起こします。

ヒールの革の破れが大きくなってしまうと、その靴を履く時になんか気になってストレスを感じてしまう事もありませんか?

ですが早めに修理する事でストレスを感じる事もなく、快適に靴を履けるようになります。

道路の状態が良くない所で履いてヒールの革がかなり大きく破れたり捲れてしまった場合でも新しい革で巻き替える修理が数日で出来ますのでご安心下さい。

ヒールの革が破れてしまった時はどのように修理出来るのか

ヒールの革がめくれたり破れたりした時はヒールに巻いてある革を新しく巻き替える修理方法があります。

ヒールだけ靴から外して元々巻いてあった革を剥がします。

革を剥がした後はヒールに抉れている所がないか確認してから新しい革を巻いていきます。

ヒールに抉れている所があると新しい革を巻いた時にその部分が皺になって綺麗に仕上がらないので入念にチェックします。

それでは修理前の状態と修理後の状態をみて見ましょう。

ヒール革破れ修理前

画像の説明

ヒールの下から2から3cmくらいの箇所の部分の革が捲れております。

ちょうど一番ダメージを受けやすい場所です。

排水溝の溝などちょっとした溝に挟まったりすると丁度この部分の革が捲れたり、破れてしまいます。

ヒール革破れ修理後

画像の説明

革が捲れてしまった場合でも新しい革で巻き替えますので綺麗に修理出来ます。

ヒールの革を巻き替える修理の時はヒールの一番下に付いているゴムの部分も新しく交換されます。

まとめ

ヒールの部分の革はとてもデリケートで気がつかないうちに破れたり、捲れてしまったりしてる事があります。

ヒールの革が破れたまま雨の日に履いてしまうと革の破れや捲れが大きく広がってしまう時があります。

ヒールの革を新規に新しく巻き替える修理が出来ます。
革を新しく巻き替える時はトップリストも新しく交換されますので快適に履けるようになります。

修理メニューヒール革破れ修理
修理内容ヒールの革が破れた時にヒールの革を新しく巻き替える修理です
修理期間1日から

昨シーズン履かれていてヒールの革が破れていたり捲れている靴がありましたら修理をご検討頂ければと思います。

今回ご利用頂きましたお客様ご利用誠に有難うございます。