靴修理・薄くなったつま先の補修

皆様こんにちは。

今回は紳士靴のかかと修理と
つま先の厚さを整えつつ
靴底を補強する修理をご紹介致します。

最初はかかとの修理に取りかかります。
修理前の状態がこちらです。

紳士靴かかと修理前

紳士靴かかと修理前2

ヒール本体のプラスチックの部分まで
削れています。
穴が開いてしまっており、このままですと
滑りやすかったりして足下が不安です。

ヒール本体を丸ごと交換する方法を選択して
修理致します。

滑りにくい素材の合成ゴムのヒールを取り付けていきます。

紳士靴かかと修理後

紳士靴かかと修理後2

プラスチックのヒールから合成ゴムのヒールに
交換しておりますので、歩き心地もソフトになります。

次はつま先の厚さを整えると同時に
靴底の補強をする修理を致します。

修理前の状態です。

紳士靴靴底修理前

靴底の中央部分に穴が開いています。

紳士靴つま先修理前

つま先が削れて厚さがなくなってきております。
そこでまずはつま先の削れて薄くなっている部分に
合成ゴムを補充して厚さを整えます。

紳士靴つま先ラバー補充後

ちょっとした小話ですが
とある地方の銀行家は融資をする際に
靴のつま先を見て融資するかどうかを決めるとか。
細かいところまで見てるんですね。
整えた後にラバーのシートを貼って靴底も補強します。

紳士靴靴底修理後

こちらの商品は靴底を補強すると同時に
横に溝が入っているソールパターンの商品ですので
滑り止めの効果もございます。

つま先の厚さも元通りになりました。

紳士靴つま先の厚さ

つま先はかかとの次に消耗しやすい場所ですので
かかと修理する時、ご一緒に修理されるのが良いと思います。